気をつけよう、金買取の18金裏話

金買取

気をつけよう、金買取の18金裏話

金が手元にある人の中には、18金と呼ばれる言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
18金は、言葉として割と多く聞く言葉であり、最も価値が高いと思われているかもしれませんが、純金では無く、含有量が75%の金が含まれている貴金属を表している言葉です。
そのため、金買取では、18金としての評価を受けることになり、純金と比べると相場の評価が変化します。
18金は、銀や銅を含める事で、貴金属によるアクセサリーの加工がしやすくなり、デザインによっても価値に違いが現れます。
デザインの評価は、金買取を扱う鑑定士によっても評価に違いがあり、知識に長けている鑑定士に評価してもらうのもポイントです。
特に注意をしなければならないのは、18金に刻印が一般的ですが、その刻印は、k18の刻印でなければある評価が認められていません。
18金の中には、18kと刻印されている18金を名乗った貴金属も流通している場合もあり、金が含まれていたとしても、75%以下の物も存在するのです。
これは持ち主、自ら確認ができるため、金買取を依頼する前に確認されておくのもお勧めです。

金買取をお得にするには業者選びが重要
金買取で失敗しないために、正しい業者選びの方法を解説します

最新記事